昼間買い物に出かけただけで説教くらった

Posted by: morisyun

9月 30th, 2014 >> 未分類

この土日は主人と家中の掃除や片づけをして疲れました(*ノωノ)

本が大量にあるので安い本棚をネットで購入(本棚安い※おしゃれで人気の本棚を通販で買う場合。)したのでそれを置く場所を作ったりなんだかんだしていたらあっという間に主人の休みも終わり、疲れた~と嘆いておりました。

 

最近専業主婦でいることで肩身の狭い思いをすることが増えています。

特に、自分たちはのうのうと専業主婦をしてきたくせに我々働き盛り世代には「専業主婦なんて贅沢だ、外に出て働け」と言う団塊世代のお暇な方々が多くて困りますね。
先日、毎月の日課なんですが歩いて1時間ほどの隣町まで銀行回りと買いものに行ってきました。
専業主婦は、時間はありますがお金はありません。
だから、電車なら2駅10分ほどで行ける隣町までも歩いて買いものに行きます。
ウォーキングにもなり健康にいいので私は全く苦にならず、むしろ楽しんでやっています。
そうしていつものように歩いて行って買い物をして歩いて帰ってきて、途中公園の入り口にあるベンチでひと休みしていたときのことです。
カメラを持った団塊世代の男性がやってきて、最初はオススメのスポットや周辺の地域のことを聞いてきたので、普通に受け答えしていました。
するとその男性、だんだんと馴れ馴れしくなってきて、やがて私の身辺のことをいろいろ聞き始めてきたのです。
もちろん個人情報に関わることは話していませんが、話の流れでつい自分が専業主婦であることを暴露してしまいました。というか、専業主婦であることぐらいは話しても差し支えないと思ったのです。
ところが、その男性は私が専業主婦で働いていないことを知った途端、「若いのに働いていないなんてもったいない、お勤めして年金もおさめるのが当然」などと説教をしてきたのです。
これにはビックリして、すぐにでも立ち去りたいぐらいでしたが、うまく立ち去る口実も言えず仕方ないので必死に聞き流しながら時が過ぎるのを待つはめになってしまいました。
この例は極端ですが、他にもPTAで学校にいけば兼業ママたちから「専業主婦なんだからあなたがやって」と仕事を押し付けられることが多いし、先生の態度も働いている人に対してよりも横柄で下に見られる扱いです。
こういうことって昔からそうだったのか、最近になって専業主婦に対して世間が冷たくなったのか、どちらかはわかりません。
でも、専業主婦だって全くなにもせず遊んでいるわけではありませんし、PTA役員や地域ボランティアなど小さいことですが社会貢献しているつもりです。
「働け」と説教をくらったり、下げずんでみられる筋合いはないと思うのは私だけでしょうか。もっと胸をはって生きたいです。

 

This entry was posted on 火曜日, 9月 30th, 2014 at 12:51 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

CAPTCHA


XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>